KSTと愉快な仲間達in筑波サーキット初参戦で見事3位だ!

イベント

さてさてKST職場内チームの方よりレポートが届きました。

以下、長文ですがレポートをお読みください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今回は無謀にも、『畑』違いの事をしてみました。

あまりにも驚く事がたくさんで、①エピソード編②ハプニング編③バイクはやっぱり…④総括編に分けようと思います。
朝は常磐道(下)守谷PAに集合。
KSTメンバーは四人。四人全て職場仲間の構成です。
①ミニバイク乗りでブンブン走る先輩。今回一番の期待&責任者。
②私。レースなんぞ走った事も無く、ましてやフルヘェイス&ツナギ人生初体験。転倒しないことを目標に走る本来はパイロンマニア(笑)
③後輩。普段オチャラケ的なキャラだけど、ヤル時はヤッテくれる頼もしい後輩。
④先輩&ご近所さん。普段はリッターマシンをブン回す二児のパパ。私のオフ車を預かってもらってる心広い方である。←今年も税金払いましたよ~。

こ~んな面子で始まった4時間耐久レース。
午前は予選の一時間。午後は決勝の三時間。
50ccとは言え本当に走れるのか不安になる自分が居ました。

説明や準備が終わり、練習走行を20分を四人で回します。私は二周で50ccの感じやコースのラインを覚えようとしましたが…

よく分からないまま…イザ予選の一時間へ。

二番手で時間はおよそ15分走りましたが、速く走ることより『他車との接触』や『マーシャルの旗の見落とし』をしないようにするだけで、いっぱいいっぱいで15分は終わり。

他の三人はそつなくこなし、経験者との『差』を思い知ることに…。
私はヤハリ…パイロンがあった方が闘争心が湧きます!!

責任者より午前の予選は車両とコースの状況と感じを確認する程度でO.K.との事で、午後は荒れると予想した模様。

ここでKSTメンバー参上!!
ジャンバーのリクエスト受けましたが、ツナギはデカク、ジャンバーは小さく、まして日差しギラギラで気温は急上昇。
写真だけは撮りましたよ。ただ…
脱ぐ時に裏地が『ビリリ』と音しましたが。
まだオニューなのに………

本題に戻り、午後の決勝は一回の走行は約20分と仮定し①三回②二回③三回④三回の配分に決定~。

スタートはル・マン式で勢いよくスタート。
レースは複数の車種が混在している為、50ccはかなり抜かれます。
しかも、ライダー交代後のスタート前に4回に1回の割合でミニゲームがあり、クリアしないとスタート出来ないというある意味過酷なレースです。

私は足つぼ30秒という名のゲームを引いてしまい、しばらくその場から動けませんでした。

なので単に速ければ良いものでも無く、非常に『頭を使う』レースと今更ながら判明。

午後の決勝は読みがあたり、三回の赤旗によりレースが中断。これはレン耐始まって以来初らしい。

そんなこんなで、重いツナギと
視界の効かないフルヘェイスとハズレたバイク&熱い日差しで私の責務…2回を走り出番は終わり。
あとはサポートに廻り徹するのみ。

意外に私はサポートが合っていたようで走りより楽しかったかも。

結果は後程。
他の三人は…
①ライダー
言うこと無しのベストラップを毎回出し、チーム貢献大でした。走る場所が違えば人はこんなにも変わるのか!?と実感。

③ライダー
無難にそつなくこなし、『あの方の代理』とは思えぬ走りをしてくれました。ちょっと…いや…大いに見直し、ちょ~~~っぴり惚れました!!やっぱりヤル時はヤル後輩でした。

④ライダー
気付くと…来ないな~来ないよ~。んっ!?何故来ない??『ん!?グラベルに、立ってる!?』てっ手押しして走ってる~。次回はエンジンで走りましょう♪でも、攻めてリアが流れながらも走ってる姿は見応えありましたよ~!!

こ~んな感じで、レン耐4H byつくば1000の初夏は終わりました♪

場所が替われば、考え方が変わり…

マシンが替われば、人は変わる…
以上でKST初レン耐参戦でしたが、リザルトは・・・・・・・

 

 

な、なんと3位!!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・

おめでとうございます!すごいですね!

広報の私も走りたくなりました!

0009953M 0009963

0009937 0009941_2 0009941_3 0009941

 


« »